記事一覧

モッズコートの選び方。3つのポイントをピックアップ

ここからは、モッズコートを選ぶうえで意識したいことを、今着るにあたっての留意点と一緒にピックアップ。ポイントは3点。これを押さえておけば、ファッション感度高めで着こなせますよ!

ポイント1
今選ぶなら、アウターを選ばずトレンドも鑑みた“ちょっと”オーバーサイズを



モッズコート自体は、もともとフィールドジャケットの上に着ることを想定した外套。そのため、身幅や袖はもちろん、肩周りもたっぷりゆとりを持たせてあります。モンクレール コピーつまり、本物に寄せたモデルであればワンサイズアップするだけで今どきのビッグシルエットを叶えられます。ただし、ファッションブランドが手がけたものの場合は、タイトなものもなきにしもあらず。時代感としては肩を落として着られるAラインシルエットが狙い目なので、事前の試着でシルエットのチェックは入念に行うのが懸命でしょう。その際、できればアームホールも広めのものを選んでおいた方が、アウター・オン・アウターをしたくなったときに後悔しないはずです。

ポイント2
3シーズン愛用したいなら、ライニングの有無を考慮すべき



モッズコートは、本格的なミリタリー系であれば概ね着脱可能なライナーが付いているか、別売りのモノを後付けできるようになっています。しかし、ファッションブランドの場合はその限りではありません。着膨れの原因にもなるので不要論を唱える人もいるかもしれませんが、いざ極寒の冬を迎えたときに後悔しても後の祭り。インナー付きか、後付けできるものを持っておくのがベターでしょう。

ポイント3
フードあり、フードなし。ファーあり、ファーなし……。ディテールの差に注目を



一口にモッズコートといっても、ファーなしのモノや、そもそもフードさえないモノも見かけます。ですが、ゆえに本格派ではないと決め付けるのは早計。後継モデルであるM-65タイプ用のモッズコートではフードなしも珍しくなく、M-51タイプでもファーやフードが着脱式のものも存在します。モンクレール 服 レディースですので、この辺りは難しく考えず、ご自身のお好みと相談して選んで問題ないでしょう。フードなしやフードを取り外せるタイプはスタンドカラーとして着用できるので、軍モノ感控えめで都会的な印象に寄せやすい傾向にあります。これに対しファー付きフードの場合は、ミリタリー服特有の男らしさが強めな見え方に。ヘビーデューティ感があるので、タフさやギア感を味方につけたいときの強い味方になってくれます。


ノースフェイス コラボ

コメント一覧

ダウンブランド「Mo URL 2023年07月17日(月)16時45分 編集・削除

ジェンダーニュートラルなダウンアウターブランド「 」がデビューした

プリーツ プリーズ URL 2023年07月25日(火)10時41分 編集・削除

プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ( )の2022年秋冬シーズンから、新作ウェアが登場

ジルサンダー Tシャ URL 2023年07月25日(火)15時04分 編集・削除

ジルサンダー( )は、洗練されたデザインと高品質なアイテムで知られるブランドです。

30代~40代レディ URL 2023年07月28日(金)00時23分 編集・削除

ベーシックだからこそ、着る人のこだわりが分かる シャツ

ダウン コート レデ URL 2023年11月27日(月)18時21分 編集・削除

ダウンコートは、モンクレール 偽物寒い冬の季節において女性たちの必須アイテムとなっています